2013年07月24日

スーパーで野菜を買われるとき、農薬のことを考えたことありますか?・・・ビッテ商店の、農薬を使わない野菜の販売

BitteVegetableHeader1.JPG

農薬を使わないとき、多くの害虫などに虫食まれてしまいます。

その一例が、キャベツです。

キャベツは、何も保護しなければ、栽培時に多くの昆虫に虫食まれてしまいます。

そのような被害にあわないように、多くの生産者は殺虫用の
薬品を使います。

当店で栽培するキャベツは、多くの農家さんが自家用に
栽培するキャベツと同じように、防虫用のネットで覆います。

農家さんの自家用野菜は、このように、農薬の影響が
最小限になるように対策をしています(これは一例ですが…)。

CabaggeInNet01.JPG

能登の一角で栽培している、農薬を使わない野菜をお客様に販売いたします。


食の安全は、日々、日常のことで、なかなか話題に上らないものです。ただ、野菜を栽培する際には、多くの生産者はきれいな野菜を作るために、過度の農薬を使用することも少なくありません。たとえば、キャベツ。キャベツは、何も保護しなければ、栽培時に多くの昆虫に虫食まれてしまいます。そのような被害にあわないように、多くの生産者は殺虫用の薬品を使います。野菜をご購入される消費者は、農薬に対する意識がほとんどないのが現状です。BitteVeg1.JPG

BitteVegetableBanner1.JPG

ビッテ商店で販売しているお野菜は、もともと自家用に
栽培している野菜ですが、農薬を極力使わないで栽培する
野菜ということで、毎年、多くのお客様からご購入して
いただいております。

栽培量が多くないので大量に販売ができませんが、
食の安全ということを考えると、
安心してお買い求めいただける野菜です。

年間を通してお野菜をお届けする年間会員も募集しております。
皆様のご応募をお待ちしております。

お野菜の年間会員の詳細はこちらから

ビッテ商店


わん卓と、こだわり商品のBitte(ビッテ)商店ホームページへ!


にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村

posted by ビッテのマスター at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビッテ商店・季節の野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。